2008年02月20日

富山城のライトアップ

tlp02.jpg

tlp03.jpg

富山市内に入るとお城の前に
白とブルーのイルミネーションぴかぴか(新しい)が出迎えてくれる。
大通りの街路樹にもオレンジ色のイルミネーションが輝き、
降り積もった雪と相まって、ロマンチックな輝きに包まれいる。

tlp01.jpg

tlp04.jpg

tlp06.jpg

ここは富山城のライトアップと、
その前の公園をイルミネーションで演出し、
市民や観光客を楽しませてくれる。

寒い夜だったが、あまりの美しさに車を停めて公園に繰り出した。
数日前に積もった雪が一面にあって、
より一層雰囲気を醸し出しているように思えた。

県庁所在地がこうして楽しませてくれるのはいいですね。

tlp05.jpg

ああ、どうして福井はお堀の中に県庁が建っているんだろふらふら

人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
良ければ、左手の福井情報もクリックお願いです^^
ちょっぴりお尻に火がついてきましたぁ^^;


ラベル:富山県
posted by たつたつ・たつや at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅先にて・国内編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シューマンと日本歌曲の夕べ

たつやには三歳年上の姉がいます。
彼女は三歳からオルガンを始め五歳でピアノを始めました。
ですからたつやは生まれた時から
ヘタクソなオルガンやピアノを聞かされていた訳です。もうやだ〜(悲しい顔)
小学生の頃は毎年ピアノの発表会とかコンクールに
行くことがとにかく苦痛で苦痛で仕方なく、
早く帰ってカブトムシを採りにいったり、
友だちと秘密基地に行きたかった思い出があります。

ですが、たつやが中学時代に選んだ部活はブラスバンド部。
そこでトランペットを吹いていました。
高校、大学では合唱部でした。
それを考えてみると、
やはり姉の音楽の影響はかなり受けていたのでしょう。


余談ですが、たつやの娘も息子も小学校や中学校で
ブラスバンドに入っていたし、
弟の娘も今ブラスバンド部です。

さてひとつのことをコツコツと積み上げる姉は、
ピアノで音楽大学に進み、
声楽家を志す今の義兄と知り合い結婚しました。

結婚後、音楽の本場ドイツ、ベルリンへ行き
姉は再びベルリン国立音楽大学に入学し、ピアノの勉強を続け、
卒業後も夫婦で音楽を生業としてきました。
結局ベルリンでの生活は24年間。
そして2005年に帰国し、現在は
義兄の出身地、鹿児島県出水市にて音楽活動を続けています。


img116.jpg

そんな姉夫婦が、福井新聞社の風の森ホール
毎月行われているちょっと素敵なコンサートの2月会で、
シューマンと日本歌曲の夕べ
というコンサートを明後日の金曜日に行います。

シューマンの『詩人の恋』や代表的な日本歌曲のコンサートです。
気軽に歌を楽しめるので、興味のある方は是非どうぞ。

2008年2月22日金曜日・午後7時開演
会場・福井新聞社風の森ホール
全席自由1500円(当日も同じ料金です)
ドリンク&プチケーキ付き


img115.jpg

身内のことを書くのはあまり好きではないのですが、
聞いてもらえたら、きっと喜んでいただけるので、
お知らせしたいと思います。
お時間に都合がつけば、いらしてくださいね。


人気blogランキングへ
応援グッド(上向き矢印)クリックいつもありがとうございます
良ければ、左手の福井情報もクリックお願いです^^
posted by たつたつ・たつや at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート・ライブ・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする